レンタルサーバー プラン各種 スタンダードシリーズ プレミアシリーズ 機能一覧 WEB管理画面 メール機能 ウィルスチェック機能 POP/SMTP/IMAP メール転送機能 WEBメール WEB機能 共用SSL 会員制ディレクトリ エラーページカスタマイズ FTP機能 アクセス解析 プログラム機能 CGI/SSI/PHP SuEXEC対応 各アプリケーション対応 データベース機能 標準CGI オプション・その他 SSL認証 ミニカート連動 クレジット決済 ミニカート連動 アフィリエイト広告  

FTP機能

複数のFTPアカウントを作成でき、アカウント毎にルートパス(接続先の上位ディレクトリ制限)を設定することができます。

例えばホームページ内にコンテンツが複数分かれている場合、ディレクトリを分けて運営していることが多いと思います。弊社ではホームページ領域として「htdocs_ドメイン名」内にファイルを設置していただきますが、その中に「スタッフ紹介関係のページ」と「商品案内関係のページ」をディレクトリを分けて管理する場合、「index.html」等同じファイル名があると間違えてファイルをアップロードしてしまい上書きされてしまう、ということも考えられます。

そういったミスを事前に防ぐ方法として「ルートディレクトリで接続先を制限」したアカウントでホームページを管理する方法があります。

「ルートディレクトリ」を設定したディレクトリより上位のディレクトリは接続できないので、複数の部署でホームページを管理している場合等にも、ご活用いただけます。



このページのトップへ