レンタルサーバー プラン各種 スタンダードシリーズ プレミアシリーズ 機能一覧 WEB管理画面 メール機能 ウィルスチェック機能 POP/SMTP/IMAP メール転送機能 WEBメール WEB機能 共用SSL 会員制ディレクトリ エラーページカスタマイズ FTP機能 アクセス解析 プログラム機能 CGI/SSI/PHP SuEXEC対応 各アプリケーション対応 データベース機能 標準CGI オプション・その他 SSL認証 ミニカート連動 クレジット決済 ミニカート連動 アフィリエイト広告  

共用SSL

利用料無料!全プラン利用可能!

お客様がご用意したページはもちろん弊社標準CGIでもご利用いただけます。

共用SSLを全プラン無料でご利用いただくことができます。共用SSLは弊社ドメインにて取得した認証証明書を各ユーザ様で利用できるサービスとなっており、SSL利用時のアクセスURLはご利用のドメイン名とは異なり、「https://○○○.asuka-server.com/ご利用ドメイン名/」となります。

共用SSL利用時のURL

例えば共用SSLを利用する場合、「http://www.ご利用のドメイン名/a.html」の『http://www.ご利用のドメイン名/』の部分を『https://○○○.asuka-server.com/ご利用ドメイン名/』と置き換えるだけで、簡単にSSLセキュリティ対応のページとなります。

同じページが表示されます。

参考ページ:マニュアル - 共用SSLの利用方法


弊社にてSSL認証証明書を取得しているので警告がでず、スムーズにご利用いただけます。

共用SSLが利用できる場合、証明書が発行されていないものを利用するサービスがあります。証明書が発行されていないとブラウザで「セキュリティ証明書が・・・」と警告が発生します。そのため実際にホームページにアクセスしたユーザ様にとっては「何か警告がでてる!」と不安感を煽るかたちとなってしまう場合があります。

弊社の共用SSLでは弊社所有のドメイン名にて証明書を取得し、そのドメインにてご利用いただけますので、警告がでることなくスムーズにご利用頂けます。


『共用SSL』と『専用SSL』の違い

SSLとはデータを暗号化し通信の傍受と改ざんを防止し安全にデータをやりとりする暗号化の方式のことです。

SSLでのデータ通信を利用する場合は、ブラウザーでアクセスする際に「http」ではなく「https」としてアクセスします。

『専用SSL』はお客様所有のドメインに対し証明証明書を取得するため、SSL利用時にアクセスするドメイン名は変わりません。一方『共用SSL』は弊社所有のドメインに対してSSL認証証明書を取得し、それをお客様にご利用頂くサービスです。『専用SSL』とのセキュリティの面での違いはあまりありませんが、弊社ドメイン名でアクセスしてご利用いただく点で、サイトを訪れたユーザ様に与える印象に大きな違いがあります。

通常のページから共用SSLのページにアクセスする際に、ドメイン名が通常のページとは変わるため、ホームページにアクセスされたユーザ様に「あれ、URLが違うところに変わった。URLはあってるの?大丈夫?」と疑問を抱かせてしまうこともあるかもしれません。

ですので、ホームページに予め「SSL利用のページは下記URLとなります。」等、明示した方がより安心してホームページをご利用いただけます。

『専用SSL』は、お客様のドメイン名でのSSL証明書の取得となりますので、疑問を抱かせること無く、より信頼感の高いイメージをユーザ様に持っていただくことができます。もし予算のご都合があう場合は、より信頼感の高い『専用SSL』利用のおすすめします。

関連ページ:オプション・その他 - SSL認証


このページのトップへ