共用SSLの利用

お問い合わせページ、ショッピングサイト、会員専用ページなどにお気軽にご利用ください。

共用SSLを利用する際は、リンクの記述を変更する必要がありますので、下記内容をご確認の上ご利用ください。「ネットショップ・オーナー」で共用SSLをご利用の際は「ネットショップ・オーナーマニュアル - 共用SSLの設定方法」のページをあわせてご確認ください。

共用SSLのリンク先/サイトシールの設置

1 WEB管理画面にログインし、メニューの「共用SSL - 共用SSLの設定確認」のリンクをクリックします。

WEB管理画面メニュー

1「共用SSL設定情報」ページが開いたら「共用SSL利用する際のリンク先」が表示されますので、その情報をご確認ください。

共用SSL設定情報

■共用SSL利用する際のリンク先

「ドメイン/URL」のURL欄にあるURLを利用します。
共用SSLを利用する際は、ご利用ドメイン名の部分を『https://ご利用サーバー名/ご利用ドメイン名/』に変更してください。

例)ご利用サーバー名「s1.asuka-server.com」、ご利用ドメイン名「○○○.com」で「http://www.○○○.com/toiawase/」に共用SSLを利用する場合。

URL/HTMLソース変更例

1.共用SSLのリンク先の利用方法

実際に共用SSLを利用する際は、SSLを利用するページへのリンクのHTMLの記述を変更します。

変更例

Check!

また共用SSL利用時は「https://」が変更となるため、相対パスと呼ばれる「../」等の記述ではご利用いただけけません。また共用SSLから通常のページ(SSLを利用しないページ)戻る際も、「http://」から記述するようにしてください。URLの変更はご利用上の注意点は下記となります。

  • 共用SSLを利用するページへのリンクは「https://〜」とURLを省略せず、すべて記述する。
  • 共用SSLのページから通常のページ(SSLを利用しないページ)に戻るリンクは、「http://〜」とURLを省略せず、すべて記述する。
  • 共用SSLページのURLの最後がフォルダー名の場合は、必ず「/」を記述する。ファイル名の場合(〜.html、〜cgi等の)は必要ありません。


2.標準CGIでの共用SSLの利用について

標準CGIで共用SSLをご利用いただく場合も、通常のページ同様にURLを書き換えることでご利用いただけます。

標準CGIURL変更例

Check!

画像をご利用の場合はURLをご変更ください。

標準CGIにて、お客様でご用意された画像(掲示板タイトルや、ミニショッピングカートの商品画像等)をご利用いただける項目に「http://」からの記述がある場合に共用SSLのURLでアクセスすると、『このページにはセキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。・・・』という下記のようなポップアップが表示されます。

このページにはセキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。

上記のようなポップアップが表示されている場合は、画像のリンクに「http://〜」の記述が含まれておりますので、「http://ドメイン名/」の記述を「../」と変更をお願いいたします。

「http://ドメイン名/」の記述を「../」と変更

このページのトップへ